昨日の Apple社のイベントは、動画を観た人も多いのではないでしょうか。

Apple イベント画像

Beatles の”All you need is love “をバックミュージックに、晴れ晴れとした表情の人々が会場に向かう姿がまず印象的でした。そして暫くの沈黙のあとに流れてきたのは、なんと故スティーブ・ジョブズ氏の肉声。

こうなるともう、目を離すことはできません。2時間近いビデオでしたが、仕事をそっちのけで最後までいっきに観てしまいました。

このイベントは毎年の恒例となりましたが、今年はいつになく、「なぜ自分たちはこうしているのか」のかに重きが置かれている印象でした。完成した Steve Jobs Theater のこけら落としという意味もあるのだろうぐらいに思いながら、新製品の紹介を眺めていたのですが、最後の iPhone X (テン)が紹介されて、意味がようやくわかりました。

今年は、Apple がスマートフォンという新しい概念の製品を世に送り出して10年になるのだそうな。そして次の10年に向けてApple社が世の中に問う製品として紹介されたのが、 iPhone X だったのです。で、何が新しいかというと、なんとユーザの顔を認識する機能が実装されているといいます。スマホを使うときって、持ち上げて自分の顔にスマホを向けるのが自然な行動ですよね?そうすると、iPhone X は、自動的に認識機能が働いて本人かどうかを確認します。しかも、暗がりであろうと、帽子をかぶろうと眼鏡をかけようと、ちゃんと本人を認識するとのこと。もちろん写真で誤魔化すなんてきとはできません。まさに顔パスですが、そんな機能が、スマホの中に収まってしまったのですね。

Steve Jobs CDの画像

ここまで録画を観た時点で、冒頭で流れてきた Steve Jobs の語りが、響いてきました。

“So we need to be true to who we are and remember what’s really important to us.  That’s what gonna keep Apple to happen. That keeps us us.”

「(社員ひとりひとりが)自分自身でいることが、Apple の Appleたる所以である。」というワケですが、この真の自分であることって、考え始めると、これがとてつもなく難しいことですよね?コーチを前に話してみても、これが正解と思えることは、そう簡単に出てきませんし、また、正しいと思ったことも変わっていくものだと思います。

なので、何をもって「自分自身である」と考えていたのか、とても気になります。

ところで、私が Steve Jobs 氏の大ファンになったのは、Walter Isaacson 氏による伝記を読んでからです。出版されてしばらく経ちますが、今でも車での移動中に、CDで繰り返し聞いています。

この本には、Isaacson 氏が執筆を引き受けることに成った経緯も書かれているのですが、「自分には、隠し立てをすることは何もないし、書かれた内容について口出しをするもりは、一切無い」と Jobs 氏は話したと言います。病がかなり進行してからの事だったようです。

ふと思ったのですが、Jobs 氏の言う自分自身でいることの鍵は、オープンさではないでしょうか?

自分の気持ちや感情を素直にオープンにすること。私たちは、感情は抑えるべきものとして教わってきたし育てられてきました。それは、感情のままに行動すると周囲の人達と衝突するからですよね?でも、自分が気持ちをオープンにするということは、相手がオープンにしたときにそれを受けとめることができる(あるいはできなければならい)と考えると、気持ちや感情をオープンにしても、一時波風が立つにせよ、それが必ずしも衝突になるとは限らないはずです。

晩年の Jobs は、そうした人達に囲まれていたのかな?そんなふうに思った、今年のイベントでした。