メニュー 閉じる

ご挨拶

異文化と、多様性と。

 実は正直なところ、時代遅れな事をしていると感じながら、この文章を書いています。

 なぜか?

 欧米ではすでに、自己紹介を動画で撮ってそれを文章に代えてしまうという流れになっているからです。

 さらには、こうした改まった挨拶よりも普段の自分の姿や考えていること、感じたことをストレートにライブの動画(ライブですよ!)で発信するほうが、自分そのものを伝えられると考えて、実際にそのように実行している人達が沢山います。

 スマートフォンひとつあれば、いとも簡単にそれができてしまうのです。

 私たち日本人は、個人名を使ってウェブサイトを公開したり、ましてやライブ動画で素の自分を発信するというのは、「文化的に」なじまないとお考えになる方がまだ多いと思います。

 ですが、ホームページなるものが出現した当時も、やはり似たような状況だったと私は考えています。二十数年前になるでしょうか。最近では日本でも、個人事業主の方を中心に、多くの方がホームページやブログを持ち、積極的に自己アピールをするようになっています。

 こうなってくると、いわゆる会社紹介的なウェブサイトは、いかにも平面的に見えてくるから不思議なものです。

 そうすると、「文化的に」って、なんでしょうか?

 私は、その答えは「異文化」を実体験することで、感じたり理解できるものだと考えています。ただし異文化とは言っても、海外に限ったことではありません。日本人同士であっても、「性格や世代の違い」として片付けてしまいがちなことを、「文化」と置き換えると、異なった風景が見えてきます。

私の異文化体験

 私の異文化体験は、北米でのものがほとんどなのでかなり偏ったものですが、そのことが逆に良かったとも思っています。特にアメリカは、日本とは真逆だと感じられることが多いため、文化人類学などの専門的な勉強をしたことが無い私にとっても、違いとして理解しやすい部分が多いためです。

 振り返ってみれば、私の最初の異文化体験は、ご近所のアマチュア無線家のご自宅を訪ねたときだと思います。

 当時私が通っていた小学校にはアマチュア無線クラブがあって、夏休みの講習会で免許を取ることができたのですが、そのことがきっかけとなり、大きなアンテナを立てている無線家を尋ねて歩くようになったのです。

 もしかすると、これまで私がやってきたこと、またこれからやろうとしていることは、当時と全く変わっていないのかも知れません。

 このサイトでは、私が感じた異文化を紹介していこうと思っていますが、ここで誤解しないでいただきたいのは、「どちらが優れているとか劣っているとか、正しいとか間違っているとか」そういう結論にならないで下さいね。私がお伝えしたいのは、その逆で、みつけた異文化を「自分たちの文化と同じように尊重しましょう」ということです。

 文化や考え方の違いを全ての人がお互いに尊重できるようになったら、戦争がなくなると私は考えていますし、また、同じ日本人同士であっても、みなそれぞれに異なった文化を持っていると考えれば、世の中もう少し丸くなるとも考えています。

 おっと、ハナシが大きくなってしまいましたが、これをお読みいただいたのも何かのご縁。

 今この時の思いを綴らせていただいたことで、皆さまへのご挨拶とさせて下さい。どうぞよろしくお願い申し上げます。

長谷川まさし