インスタグラムにライブ配信機能が盛り込まれるという発表には、「ん?」と思われた方が多いかも知れません。

というのもインスタグラムは、今はフェイスブックの子会社になっていて、そのフェイスブック自身が、ライブ動画の活用を広めることにかなり力を入れているからです。

僕もちょいと不思議だったのですが、公式ビデオを見て気がついたことがあります。それは、「もっと気軽にライブを使おう!」というメッセージです。そうした考え方を反映してか、インスタグラムのライブは、録画が残らない仕組みになっています。つまり、たまたまその時に見ることができる状態でなければ見逃すことになる、というワケです(ライブではなく録画した動画をモーメントにアップするとこれまで通り24時間保管されます)。

インターネットを通してライブ動画を配信するサービスを始めたのは、Ustream.tv (2007年に一般に解放)で、そのもとは、イラク戦争中に戦地の兵士たちが国の家族と会話をできるようにと作られた、コミュニケーションツールだったのだそうな。

日本では、2008年12月に、ニコ生がサービスを一般ユーザに開放していますが、当時はまだパソコンからの放送のみでかなりマニアックな趣だったようです。僕もその頃に Ustream を見た記憶がありますが、「テレビ放送もどき」がインターネットにやってきた程度の印象しか得ることはできませんでした。また、コメントによるアラシが横行しているというハナシを耳にしてからは、「ライブ動画は、近寄らない方がいい場所」になっていたというのが正直なところです。

では、なぜこのタイミングで大手のSNSが競うように、ライブ動画配信サービスの提供を始めることになったのか?

その最大の理由は、スマホの性能が劇的に向上して、いとも簡単にライブ配信をできるようになったことでしょう。でも、もうひとつのポイントは、使う側やサービスを提供する側が、不特定多数を相手にする「双方向の」通信手段との付き合い方に慣れてきたことが大きいのではないかと、僕は考えています。そしてその結果、発信する人を取り囲むようなコミュニティが生まれたことが、これまた大きい。というのも、ライブ配信をテレビを見るように見ていたのでは、コミュニティは生まれないからです。

そういう意味では、僕たちがいる今この時代は、もしかすると『テレビ文化』からの脱皮が始まった、そんな時代なのかも知れません。