『異文化スタイル』へようこそ!

 インターネットが普及したおかげで、私たちは日々、様々な考え方や自己表現に接することができるようになりましたし、自分でも発信できるようになりました。

 発信する手段も、文章だけではなく動画や音声まで、よりどりみどり状態。そしてそれらを通してダイレクトなやりとりが、いとも簡単にできてしまいます。

 少し前のことになりますが、『アイヌ学入門(講談社現代新書)』という本を読み始めたら、冒頭部分で素晴らしい一節に出会いました。

 それは、世界を単一化するようなグローバリズムでもなく、かといってかたくなに自分たちの民族や伝統を絶対視するでもない、その中間があってもいいのではないか、という問いかけです。

 目が覚める思いでした。その一節をお借りして、今では私は、以下のように考えています。

 『異文化と遭遇したら、それを自分と混ぜてみることで、相互理解と相乗効果の道が開ける。そもそも文化とはその営みの果てしない繰り返しで、その結果は、ハッキリとした境界線ではなくて、むしろグラデーションである』
 
 この考えを延長していくと、身近なところでも、普段の人付き合いにも大きく影響するのではないでしょうか?「この部分が嫌い」を「その人の文化のほんの一部分にすぎない」と捉え直すと、なんだか随分とスッキリとしてきますし、お若い方々の文化もちょっとは取り入れてみようかな、と思えてきます。

 ま、トシを取るというのは、こういうことなのかも知れませんが、ね(笑)

Yearly Archives: 2017

イヤフォンが通訳に変身?Google Pixel Buds 登場

By |10月 10th, 2017|テクノロジー|0 Comments

ちょうど2年前のことですが、Skype に通訳機能が登場したという記事を投稿しました。

一度使ってみたいと思いながら、機会がなかったのですが、現在は日本語にも対応しているようなので、一度その実力の程を確かめておかなければなりませんね(滝汗。

さて、それから2年経過して、今度はGoogle 社から、通訳機能付きのイヤフォンを発売するというニュースが流れてきました。

英語では “translation(翻訳)” という言葉を使って紹介されていますが、アメリカでは、通訳者も翻訳者も “translator”とするのが一般的で、日本やヨーロッパのように区別されていません。実際は、デモンストレーションされている通りで、人と人との間に入って言葉を置き換えているので、日本語的には通訳です。

 

◆ 機械翻訳から AI 翻訳へ

通訳・翻訳を仕事にしてきた私としては、「ついにここまで来てしまったか」というのが正直な感想ではあります。1990年代の後半だったと思いますが、機械翻訳システムの開発現場に入ったことがありますが、当時の印象としては、実用化までは相当に時間がかかるだろう、ということでした。

最近、コンピュータによる翻訳能力が急激に伸び始めたのは、AI(人工知能)開発の分野で大きなブレイクスルーがあったからなのだそうです。以前は、「機械」翻訳といわれていたように、人間が翻訳するための論理構造をあらかじめコンピュータに与える(プログラムする)ことで、翻訳しようとしていたのですが、AIを使うようになったためにコンピュータが学び始めるということが始まったのだそうな。

 

◆ 通訳機能は、Google アシスタント機能の一部

スティーブ・ジョブズとオープンさ

By |9月 14th, 2017|ひとりごと|0 Comments

昨日の Apple社のイベントは、動画を観た人も多いのではないでしょうか。

Apple イベント画像

Beatles の”All you need is love “をバックミュージックに、晴れ晴れとした表情の人々が会場に向かう姿がまず印象的でした。そして暫くの沈黙のあとに流れてきたのは、なんと故スティーブ・ジョブズ氏の肉声。

こうなるともう、目を離すことはできません。2時間近いビデオでしたが、仕事をそっちのけで最後までいっきに観てしまいました。

このイベントは毎年の恒例となりましたが、今年はいつになく、「なぜ自分たちはこうしているのか」のかに重きが置かれている印象でした。完成した Steve Jobs Theater のこけら落としという意味もあるのだろうぐらいに思いながら、新製品の紹介を眺めていたのですが、最後の iPhone X (テン)が紹介されて、意味がようやくわかりました。

今年は、Apple がスマートフォンという新しい概念の製品を世に送り出して10年になるのだそうな。そして次の10年に向けてApple社が世の中に問う製品として紹介されたのが、 iPhone X だったのです。で、何が新しいかというと、なんとユーザの顔を認識する機能が実装されているといいます。スマホを使うときって、持ち上げて自分の顔にスマホを向けるのが自然な行動ですよね?そうすると、iPhone X は、自動的に認識機能が働いて本人かどうかを確認します。しかも、暗がりであろうと、帽子をかぶろうと眼鏡をかけようと、ちゃんと本人を認識するとのこと。もちろん写真で誤魔化すなんてきとはできません。まさに顔パスですが、そんな機能が、スマホの中に収まってしまったのですね。

コーチングとコンサルティングと、アクティブ・ラーニングと。

By |8月 26th, 2017|仕事関連|0 Comments

コーチングのイメージ画像コンサルティングとコーチングは、相反する手法だと思われている方が多いと思います。私もそうでした。

でも今では、言葉の持つイメージに少し捕らわれすぎていたように思うので、そのあたりのことをまとめておきます。

コーチングは、コミュニケーションのスキル

実は私は、日本語のコーチングという言葉の持つイメージには、ずっと違和感を覚えてきました。その理由は、コーチングのスキルだけ持っていてもコーチはできないと考えているからです。コーチとは、何か得意なこととコーチングのスキルとが組み合わさって成立するものだと思います。スポーツが分かりやすいかも知れません。野球のコーチであれば、得意なことを言える程度に野球をした経験があるはずです。逆に、現役時代に大きな実績があったとしても、指導する選手達と向き合う時に必要なコミュニケーションのスキルがなければ、プロとしてコーチはできません。

参考までに、私は、CTIのマスター・コーチによる認定書をいただきました。10年も前のことになりますが、当時学んだことを強引に一言でまとめるならば、コミュニケーション・スキルということになります。クライアントが何かを変えたいとき、あるいは前に進もうとしている時などに威力を発揮するコミュニケーション・スキル、そう捉え直すと、随分と印象が変わってきます。

コンサルティングは、知識・経験を共有