僕のパソコンはまだWindows8.1のままなので、パソコンを立ち上げる度に、「10 にアップデートしませんか?」というメッセージが表示される。こう何度も繰り返されると、ちょいとうるさい(笑)

で、そのWindows10に関して、オモシロイ、というか気になるニュースが流れてきた。Skypeに通訳機能が付いてくる、というのがそれ。

英語・スペイン語間ではすでに試験運用が行われているというのはオラも知っていたけど、このビデオ、夢があってイイ。公式サイトによると、対応言語は、英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語に加えて中国語も入っている。実は、機械「翻訳」のほうはオラも twitter の英語用アカウントで普通に使っている。

英語以外のつぶやきは、クリックで英語に翻訳するように設定しているんだけど、とても便利だし、感覚的にだけどかなり使えると思っている。そう感じる理由は、意味不明の訳文って、あまり出てこないから。出てはくるけど、そういうのは読み飛ばしてしまう。twitter なんだから、それで十分だ。以前、日本語に訳出するようにテストしてみたことがあったけど、対日本語はまだまだのようでした。

こうなってくると、ヨーロッパ言語間に限ればあとは音声の聞き取りの問題だけ。iPhone の siri は、結構ちゃんと聞き取ってくれるから、機械通訳が出てくるまでにそんなに時間はかからないだろうとは思っていた。

日本語対応になるのが楽しみやね?ん?これで学校で英語を勉強しなくても良くなるって?その考えは、ちょいと勿体ないかな。