『異文化スタイル』へようこそ!

『アイヌ学入門(講談社現代新書)』という本を読み始めたら、冒頭部分で素晴らしい一節に出会いました。

それは、世界を単一化するようなグローバリズムでもなく、かといってかたくなに自分たちの民族や伝統を絶対視するでもない、その中間があってもいいのではないか、という問いかけです。

目が覚める思いでした。

その一節をお借りして、今では私は、以下のように考えています。

『異文化と遭遇したら、それを自分と混ぜてみることで、相互理解と相乗効果の道が開ける。』

この考えを延長していくと、身近なところでも、普段の人付き合いにも大きく影響するのではないでしょうか?「この部分が嫌い」を「その人の文化のほんの一部分にすぎない」と捉え直すと、なんだか随分とスッキリとしてきますし、お若い方々の文化もちょっとは取り入れてみようかな、と思えてきます。

ま、トシを取るというのは、こういうことなのかも知れませんが、ね(笑)

BeLive.tv

ライブふたり配信のサポート

By |6月 25th, 2017||0 Comments

新たに一般に公開されたBelive.tvの機能を使ってのライブ配信のサポートを行います。

この新機能の特徴は、放送主である私と出演するお二人はそれぞれ別の場所にいて、私は表に出ることなく、テロップやコメントの画面表示などの操作に集中できるということです。なんだかちょっとだけプロデューサー気分です。テレビ番組だと、スイッチャーという担当者がいるのだそうですが、パソコンの画面を表示したり、出演者を交代したりなどなど、このサービスで提供されている機能を全て使おうとすると、まさにそんな感じですね。もちろんテレビの現場とはレベルが違うハナシですが。

というわけで、ご興味があれば、フェイスブック・ページの配信先を下記に表示しておきますので、ご興味があれば覗いて見て下さい。配信予約の投稿が表示されていますが、その投稿がライブ画面に切り替わります。

 


 

<結果報告>

なんと開始時間になったところで、BeLiveがメンテナンスに入りました、とさ。何というタイミング!こんなこともあるんですね!東海岸時間で朝6時半?まあ、何かやっていたのでしょう。

15分程でメンテナンスは終了して復活しましたが、こうなると準備無し状態ですから、うまく行きませんですよね、僕も映ってしまいました(滝汗)、しかもそれがサムネイルとして選ばれているし・・・。スタートでボタンを掛け違うと、最後までこうなる、そういうものなんですね。

次回にご期待を!

第5回 そーしゃるト~ク♫

By |6月 18th, 2017||第5回 そーしゃるト~ク♫ はコメントを受け付けていません。

ソーシャルメディア関連のホットな話題やニュースを、フェイスブックのライブ配信でお伝えしています。

5回目の今回は、BeLive というサービスを使ってお届けしました。このサービスもどんどんと進化していています。特に便利なのは、フェイスブック・ページでの配信を予約すると、自動的に配信予定が投稿される仕組みになっていることです。ライブ配信を開始するとその投稿で配信が始まります。その他には、Podcast のアナリティクス、ライブ・オーディオの提供開始といった話題をお届けしています。また後半では、スマホでライブ配信をする際のポイント5項目を説明してみました。

異文化スタイルでは、このライブ配信へのご参加いただける方を募集中です。楽しくワイワイやりませんか?隔週日曜日の21:30スタートです。

 

BeLive.tv を使ってみました♫

昨夜の定期ライブ配信で、BeLive.tvを使ってみました。

BeLiveは、フェイスブック向けにライブ配信をするためのウェブアプリです。アメリカでは、ライブ配信の大御所的な存在であるJoel Comm 氏がプロモーションしていることもあって、人気上昇中。似たようなウェブアプリにsmiletime.comがありますが、こちらのほうは技術的な問題が発生したことがあるようで、現時点の比較では勝負ありという感じです。

BeLiveの特徴はふたつあります。