このサイトを作成・公開するために、私が使っているものを以下に列挙しておきます。これからウェブサイトを立ち上げるみなさんの何かの参考になれば幸いです。

このサイトを構成しているもの

  • レンタルサーバー: Wadax
    セコムの資本が入っているので、セキュリティー管理が行き届いているはずとの考えから選んだのだが、現時点ではお薦めしない。最近は、サポートでミスが続いていることが、理由のひとつ。また、phpのバージョンアップ対応が遅れたことや、SSL関連機能の不備(ユーザが作業できない)など、他社と比較してニーズへの対応が遅すぎるのがその理由。人材不足か、組織の風通しの問題か?引っ越し検討中。
  • ワードプレス: WordPress 日本語版
    私は、ワードプレスです。英語ページは、英語版を使っています。インストール型を選んだ理由は、このサイトの開設当時は、レンタル型では自由にテーマやプラグインを選べなかったから。現在は、レンタル型でもビジネスプランなら、自由に選択できるようです。
  • テーマ: Theme4Press の Alora
    英語版しかありませんが、とても気に入っています。一般的に必要なプラグインも含まれていて、価格は40ドルほど。サポートもバッチリですが、用語や様々なプラグイン機能に慣れていない場合には、ドキュメントをしっかりと読まないと戸惑うことが多いと思います。
  • 導入プラグイン 1WordFence Security
    仕事で使うなら、まずはセキュリティー。不正ログインさえされなければ大丈夫と思っていたけれど、考えを改めて導入。
  • 導入プラグイン 2: Disqus Comment System
    コメントの管理は、絶対に必要です。スパム防止には、Akisment(ワードプレスをインストールすると、最初からついてくる)でもOKですが、コメントのやり取りで他のワードプレスサイトとお付き合いをする意味も含めるなら、こちらがお薦め。
  • 導入プラグイン3: The Newsletter
    The が付いているだけのことはあります。smtpでの配信や統計データの表示まで、痒いところに手が届く、メルマガ配信ツールです。今のところ、無料版を使っています。
  • 導入プラグイン4:Simple Social Press
    フェイスブック・ページに動画をアップすると自動的にブログ記事を投稿してくれる。通常は手動でリンクを貼るだけでも十分なので必要ないですが、ライブ動画をそのタイミングで投稿するなら価値があります。有料67ドル。
  • 導入プラグイン5YouTube Embed Plugin
    YouTube 動画を挿入するためのツール。フェイスブックと同様、通常は手動でリンクを貼るだけでも十分。ギャラリー機能や細かな設定をしたい場合に重宝すると思います。現在は、無料版を使っています。
  • 導入プラグイン6: The Events Calendar
    イベントのカレンダーと個々のイベントページを自動作成してくれるプラグイン。有料版では、予約・申込み機能などが提供されている。お薦めプラグインのひとつ。
  • 導入プラグイン7: WordPress Instant Articles by allfacebook.de
    フェイスブックで、インスタント・アーティクルを投稿するためのプラグイン。これを使って投稿すると、スマホからのアクセスの場合には、表示が異次元の速さになる。使い勝手がよい。
  • 導入プラグイン8: Annual Archive
    過去記事を年単位でアーカイブしてくれる。一般的な月単位のものを、そのままサイドバーに表示すると長くなりすぎるので利用しています。
  • 導入プラグイン9: All in One SEO pack
    SEOのディープな部分へは立ち入らない主義なんですが(笑)、サイトの大枠ができたこともあり、ついに導入。日本語化が進んでいますので、みんなにお薦めできます。

使用しているウェブ・サービス

  • 画像作成ツール: Canva
    投稿に使う画像の作成にチョーお薦め。KDDIの資本が入り、2017年5月に日本語対応になった。
  • アクセス解析: Google Analytics
    マーケティング目的でウェブサイトを立ち上げたのであれば、絶対に必要。データを眺めながら試行錯誤するのが好きな人向けではある。
  • ライブ配信: Belive.com
    フェイスブックへライブ配信を流すためのツール。遠隔地のゲストと結んで配信するなど、インタビュー番組を配信するなら、これ。
  • ソーシャルメディアの統合管理: Hootsuite
    いろいろなソーシャルメディアやフィードなどをまとめて表示してくれます。情報収集のためのアンテナとして、またエンゲージメントの管理に手放すことはできません。
  • ネタの管理: EVERNOTE
    文字だけでなく、画像や音声までも管理できる優れものです。

パソコン上に必要なソフトウェア

  • FTPソフト★: NextFTP
    手元のパソコン上にあるプログラムやファイルを、サーバーにアップロードするためのソフト。画像や動画以外のファイルをアップロードすることがなければ、とりあえず必要ない。
  • ペイントツール: ペイント
    Windowsについてくる。写真やスクリーンショットの切り貼りやサイズの変更に使用。手軽で軽いので、これが一番いい。
  • 画像処理ソフト:Corel PaintShop Pro X9
    現在は、投稿する写真の顔をぼかすためだけに使っています。多機能のソフトなので、ここまでは必要ないと思います。
  • 動画編集ソフト: Corel VideoStudio X9
    YouTubeに動画をアップする際の編集用に使っています。
  • エンコーダー: OBS Studio
    ライブ動画配信のための、ソフトウェア・エンコーダー。スクリーンシェアや動画の配信などをセットアップすることができます。現在は、エンコーダーの選択肢が増えましたので、OBSはマニア向けな存在になったかも知れません。

 

(2017年9月21日更新)