一度に4つのプラットフォームに向けて、ライブ動画のストリーミングを試みました。

ここまでマニアックになってくると、完全に趣味の世界です(汗)。

前回の3カ所に、今回はペリスコープを加えたわけですが、こうなると困るのはコメント対応です。コメント無視になっては、ライブ配信の意味がありませんので、良い子の皆さんは真似をしないようにしましょう(笑)。

ところで、YouTube にライブ配信した動画は、そのまま YouTube 上で編集しました。細かな切り貼りはやはり編集ソフトが必要だと感じますが、YouTubeの編集機能ではテロップを入れることもできて、これは便利です。

余計な部分を取り除いて、26分程あった動画をとりあえず20分程度にしましたが、コンテンツ系の YouTube 動画としては、それでも長すぎですよね。

海外では、複数のソーシャルメディアを上手く組み合わせて使っている個人の人達がたくさんいますが、肝はやはり、いかに手間をかけずに作業をするかです。作成したひとつのコンテンツを、それぞれのプラットフォームに合わせて使うことを、英語では re-purpose と言っています。別目的利用みたいな感じでしょうか。

異文化スタイルとしては、エレガントにこなしたいものです、はい♪