フェイスブックに限ったことではないのですが、洋物のソーシャルメディアって、知らない間に仕様や使い方が変わってるって、ありませんか?

昨年後半あたりからでしょうか、洋物のソーシャルメディアの動きが激しいですね。ライブ配信ができるようになるとか、動画が4K対応になったとか、そうした大きな変更については、どこからともなく伝わってきますし分かりやすいのですが、それと並行して細かなところがチョロチョロと変わっていたりします。こうしたことは、和物にはあまり無いように思います。

例えばフェイスブックでは、ホームの左側に表示されるメニューがまた少し変わりました。お気に入りがなくなってショートカットになりましたし、グループの表示もいつのまにか変わっていました。以前は誰かに招待されるのを待つようなつくりでしたが、現在はカテゴリーに分けられて、自分から参加してみたいと思うグループを探しやすいようになっています。また、イベントの表示についても変わったたようです。

「細かな使い勝手は常に変わり続けるものだ」ということを、当たり前の事として使っているのならOKなのですが、そうじゃないと戸惑ってしまうこともありそうです。

でも、こうした細かな変更を他の大きな変更と合わせて眺めてみると、そのソーシャルメディアの考え方の方向性を見て取ることができます。

フェイスブックで最近強く感じるのは、「人と人とを、実際につなげていきたい」という意図です。ライブ動画に力を入れている本当の理由は、実はここにあると僕は考えています。なぜかというと、そうした人と人とが繋がっていく様子が、『ビッグデータとして手元に残る』からなのです。そしてこのビッグデータこそが、フェイスブックの屋台骨となっているということは、ご存じの方も多いはずです。

その証拠にといってはなんですが、フェイスブックは、ライブ動画に力を入れはじめる前に、実はイベント機能の大幅な更新を行いました。特に、ページ(個人アカウントではなく)からイベントを作成すると、その機能の充実ぶりには驚くと思います。作成したイベントのページが何人の目にとまったかといった細かな分析データが表示されますし、フェイスブックの外側でのプロモーション用にQRコードを作成する機能まで付いています。さらには、そうした新しい機能を紹介する専用ページまでアップされています。

使う対象そのものが変化しているのですから、使っているこちら側もそれに呼応しましょうというのが異文化スタイル流、洋物のソーシャルメディアの使い方です(笑)。いつのまにか若い方々との間に大きなギャップができていた、なーんていうのは、ちょいと悔しいですからね。自分が主催するフェイスブック上のグループの説明を書きながら、そんなことを考えていました。

まだまだ負けていられんぞ、と(笑)