YouTubeのシェアボタンに、アメブロのアイコンが加わっていることに今になって気が付きました。ネット上は変化が早いですよね、ホントに。

海外では、固定電話の電話番号に対してSMS機能(メッセージを送る)を使うことができるサービスが始まっているようです。携帯やスマホの番号にメッセージを送るのならわかるけど、固定の電話番号って?

実はこれ、コールセンターならぬメッセージセンターみたいな感じで、既に導入している企業もあるのだそうな。若い世代を意識したサービスらしく、YouTube の動画を眺めてみると、電話よりもメッセージのほうが確実に早く相手に届くことをウリのひとつにしています。そういう感覚の人、今の若い世代の人達は、みんなきっとそうなんでしょうね。

ん?でも、電話よりもメッセージのほうが相手に早く届くって?

これって、よーく考えてみると、仕事の優先順位がそうなっているってことですよね?「電話よりもメッセージを優先するって、いつ頃からそうなったんだっけ」と、思わず考えてしまうのは、僕が年寄りだからかな(汗

で、そのあたりのことを息子達に聞いてみたところ、電話(LINE電話やSkypeを含めて)をする前に、「かけてもOKかどうかを事前にメッセージで確認する」のが、友達同士のやり取りでは普通のことらしいのです。

どうやら、お若い人達とやり取りをするのも、異文化コミュニケーションな世界になっているようです。気をつけないと、「なんだこのおじいさん、マナーがなってない!」なーんてことになりかねませんよね。

気づいてよかった(笑)